胸を大きくするプエラリアの効果 > 本当なら怖い!プエラリアと乳がんの関係性

本当なら怖い!プエラリアと乳がんの関係性

 

本当なら怖い!プエラリアと乳がんの関係性

プエラリアは豊満な胸作りを手助けしてくれるサプリメントで、女性の多くが愛用しているそうです。
長く小さい胸に悩んでいるという方にとっては、まさに救世主のような存在であり、水と一緒にサプリメントを飲むだけで、徐々にサイズがアップし、ハリと弾力を与えてくれるので、魅力的な胸が実現できるのです。

 

ですから、女性が必死になって購入したがるのは分かりますが、実はこのプエラリアには副作用もあり、それだけ効果が高いからと言えるでしょう。
プエラリアに豊胸効果があるというのは、女性ホルモンのエストロゲンの働きに似ているからで、女性ホルモンは女性らしい体作りに貢献している為、当然女性の象徴であるバストも豊かになってくるわけです。

 

副作用として知られているのは、便秘や下痢、胃腸の不調等が挙げられますが、今最も注目しているのが、乳がんとの関係性です。
もしも、これが本当だとしたら、大変なことになりますよね。

 

女性ホルモンの働きには、乳腺や子宮を活性化させる作用があり、これが豊胸作用があるということで注目されていますが、問題なのは、その量、適量をうっかり間違えてしまったり、早い段階での効果を期待するあまり、過剰摂取してしまうと、子宮内膜症を起こしやすくする上、そこから子宮筋腫や子宮がん、又は乳がんの発生率を上げてしまうのは、事実のようです。

 

女性の体の中の仕組みはとても上手く出来ていて、この乳腺や子宮を活性化させる作用であるエストロゲンを抑えてくれるホルモンも存在するので、上手いバランスが大事になってきます。

 

エストロゲンを抑えるプラセンタの作用も今注目されているので、この二つが上手に配合されているサプリメントを選ぶことが、より高く、副作用をあまり感じないタイプと言えるのではないでしょうか。